■DOMS稼働管理システムとは、インターネットを通じてNC装置の生産状態を、パソコンまたはiモードなどの携帯電話からリアルタイムに監視したり、リモート操作(運転・停止)が可能となるシステムです。
■インターネットを通じてNC装置の生産状態を、パソコンまたはiモードなどの携帯電話でWEBモニタすることや、WEB画面でNC装置の運転・停止の操作をすることができます。
■装置が異常・停止・生産カウントUPなどの時、Eメール配信することができます。
■お客様の専用WEB画面に、注文品名の生産情報を提供します。
■常時接続インターネットを使用しますので、これ以外の通信費はかかりません。
■WEBブラウザで操作しますので、接続されているどのパソコンからでも操作できます。
■各NC装置にはローコストの市販PLCを使用し、システム構成をシンプル化することにより、安価に構築できます。
お客様が発注された加工品の生産進捗状況を「いつでも・どこでも・見たい時」に、インターネットを通じてWEB画面上でリアルタイムに確認できるため、お客様の生産管理もスムーズに行うことができ、メーカーへ正確な完成品納期も連絡することが可能となります。
リアルタイムの生産進捗状況公開と最適な作業指示・段取り替えによって、生産効率を高めます。また、情報公開によるお客様への信頼度アップにもつながります。
生産進捗管理・機器稼働管理・異常発生の管理を、現場側収集端末と稼働管理システム(WEBサーバ)で行います。
■生産進捗管理
開始時間、生産予定完了(日・時間)、生産数の管理をWEB画面上で行います。
■機械稼働管理
機器の稼働管理情報一覧と仕掛かり状態グラフをWEB画面で表示します。
■異常発生時間
機器の異常をEメールで通報して、WEB画面で表示します。
■生産実績データの収集
生産開始時にNC装置開始スイッチを押します。
その生産のタクト信号のタイミングで、NC装置の生産完了データを端末側で取り込みます。
■異常信号の収集
NC装置の異常・停止・生産カウントUP信号を取り込みます。
■稼働管理システムPCに生産する情報(日時・客先・品名・生産数)を入力します。
■現場側収集端末より生産カウンタのデータを受け取り、生産未処理・仕掛かり一覧・装置状態一覧のWEB画面モニターを行います。
■現場側収集端末より異常信号を受け取り、異常・停止・生産カウントUPをEメールで配信します。